FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロター MVアグスタ500 ウレタンコート


クラシカルな雰囲気がぷんぷん匂うメーターのガラス部には紫外線硬化樹脂を流し込み、紫外線LEDランプで硬化させる。そしてデカールも貼り終わり、いよいよクリアーコートの段階に入る。



最近はラッカークリアーではなく、ウレタンクリアーをでオーバーコートすることで塗膜の保護をすることにしている。デカールも溶けにくいし一石二鳥である。

s-141227003.jpg

ウレタン塗料は独特のテロっとした仕上がりが特徴であり、メカ部分のつや消し塗装と相まって、その対比が際立つ。またラッカーはシンナー成分が揮発して硬化するのだが、ウレタン塗料は化学変化で硬化するので、厚塗りしても内部が硬化しないで後からひび割れしてしまうというトラブルも未然に防げる。

s-141227001.jpg

まずはフロントのゼッケンサークル。デカールでは曲面が大きくて皺になってしまうためにを塗装で処理する。その後、残りのデカールを貼り付ける。
デカールが乾燥した時点で1回目のウレタンクリアーを吹いて、食器乾燥器で暖めながら硬化させる。

s-141227004.jpg

一度のクリアーではデカールや塗装の段差が目立ってしまうので、段差をサンドペーパーで慣らしながら2回目のクリアーを薄く吹いて、再び食器乾燥機で硬化させる。
この時期は外気温が低いので放置状態では硬化に時間が掛かってしまうのと、吹いた後に埃が付いてしまうのを防ぐという二つの目的のために食器乾燥機を使用している。

s-141227005.jpg

2回のクリアー吹きで段差はほとんど消えたので、このあと3回目の仕上げのクリアーを吹くことになる。
ウレタンクリアーは吹きっぱなしでもかなり綺麗な表面になるので、研ぎ出しはしなくとも問題はなさそうである。今までは研ぎ出しをしないで終わらせたことの方が多いのだが、今回はどうするか・・・。
へたくそが下手に研ぎ出しをして台無しになる可能性の方が高いのでクリアーの状態を見て決定することにしよう。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おお、いよいよ完成ですね(^_-)-☆
でもやっぱりストリップの状態がいいかなぁ?www
完成したらOW20と並べての写真もお願いしますねw

ここからがたいへんなんですけどね~。
実は研ぎ出しがへたくそなんですよ。なんでうまく出来ないのかが不思議なんですけど。たぶん多少の垂れは見なかったことにして吹きっぱなしで仕上げることになると思います(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drk10727.blog.fc2.com/tb.php/120-2565a683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
MV AGUSTA F3 AMG Not Delivered

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos
もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。