FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロターアグスタGP カウルなど


タンク形状がある程度決まったら、フレームにタンクを載せてカウルを固定したところ上部の縁が下がりすぎていることが判明したためにカウル形状も修正を行う。
0.3mmプラ板を適当に縁に沿って接着してから段差部分に紫外線硬化樹脂を付けて段差をなくすような処理をしていく。



s-010.jpg

硬化してからフレームにも固定して、サンドペーパーなどで注意深く形状を修正していく。
ポイントは縁から見えるフレームとの位置関係である。一つ一つ注意深く処理して、最終的に破綻しないように。また、カウル前部に貫通しているビス留めする穴も実車にはないものなので塞いでしまう。
ただ、フレームに固定するには必要なのでカウルの裏側には真鍮パイプで固定できるように処理する必要があった。

s-005.jpg

この時点でフレームにタンク、カウル、リアカウルなど固定して全体的なプロポーションのチェック。

s-008.jpg

次にはフロントフェンダー。キットではフェンダーの固定が細いステーを介して固定する方法になっているのだが、これをコンペタイプに直接フロントフォークにフェンダーを固定する方式に変更。そのためのステーをスクラッチする。

s-012.jpg

これもプラ板を使用してフェンダーから直接固定するためのステーを作っていく。

s-014.jpg

フロントショックのインナーパイプもキット状態では細すぎる気がするので少しだけ太いパイプで作りなおしている。フェンダーの幅が狭いような気もするが、真横から見るとちょうど良い感じになっているのでここはそのまま進めていくようにした。

s-001.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

どんどん進んでいますねぇ、ナイスです(^_-)-☆
うーん、確かにカウルは結構形が違うようで・・・(;'∀')www
師匠より早く完成しそうですねwww

>ferrariさん

形状は突き詰めるとキリがないので雰囲気で決めてます(笑)
師匠よりも早くできても完成度はあちらの方がすごいと思いますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drk10727.blog.fc2.com/tb.php/109-c2a6e57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。