FC2ブログ

2016-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUGO走行会の画像


14117784_1102061076540988_3529378067594722027_n のコピー

先日のSUGO走行会での画像が送られてきた。
ストラーダさんに届けられていたのをにくまるさんが受け取りアップしてくださったのである。お忙しいところありがとうございます。
早速数枚であるがいくつかアップすることとした。

一日目の走行が終わった後の宿では宴会が行われたのであるが、有志によるコスプレ大会?とじゃんけん大会が行われ、大いに楽しませてもらった。

14115681_1102596696487426_6815596711385595735_o のコピー

いつもの4人の変態(笑)

2日目は朝イチでのスタート練習。路面が濡れていたのでスタートしてすぐにアクセルはオフにしてノンビリ1周してピットインしたのであるが、スタートラインには手押しで並べ、グリッドは野川代表の指定で4番グリッドからのスタートであった。

14115415_1102596789820750_1645307791701213033_o のコピー

14124276_1102596869820742_4235091276971575905_o のコピー

そして和やかなスタート風景(笑)

その後は路面が乾くに従って自由走行を続けた。
2日間で合計7時間走行でお腹いっぱいになったのである。

14205971_1102596013154161_1231109619911343106_o のコピー

14188431_1102596213154141_789801479177259604_o のコピー

14124249_1102596223154140_2543630107340522066_o のコピー

このようにいつもの仲間と一緒に合宿しながらの走行会もいいものである。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上海生活綴り プチ事件編




毎回上海入りするたびに見かける満艦飾のビル。夜に到着するとこれが目印になって自宅が近いことが判る。

今回の上海入りはちょうど大型台風が上陸するとの天気であった。夕方便までは悪天候に合わせてかなりの数のフライトがキャンセルやディレイしている。ところが夕方には天候が落ち着くとの予報で搭乗するフライトは予定通りとの事だったので一番風雨が激しい時間に空港までの移動時間となってしまった。
山手線が倒木で不通になってしまったところで公共交通機関での移動を諦め、自家用車で空港へ。

IMG_0332.jpg

IMG_0333.jpg

IMG_0335.jpg

搭乗口で待っていると風雨が激しいためか滑走路に航空機が出ていない珍しい光景から、夕方になり天候が風が収まってきたところでわらわらと航空機がどこからともなく沸いてきた(笑)
とりあえず無事にフライトすることが出来、上海まで何事もなく到着した。

ところが今回帰宅してみたところびっくり。
部屋に入ったところ、何となく違う。。。。なにかゴミが落ちている。誰か部屋に入ったのか?

IMG_0338.jpg

と、よく見ると周りも水浸し。天井を見ると大きなシミと内装が剥がれてごっそり落ちている。

IMG_0349.jpg

ここまできてようやく事態を把握できた。留守中に階上の部屋が水漏れを起こしてそのままこちらまで水が落ちてきたという次第。夜中なのでどこにも連絡が取れずにバケツとモップで部屋の掃除を始めた。
今回の滞在は10日間ほどなので単身で訪中していたのだが、到着して早々部屋掃除から始まって、毎日の食事の用意と合わせて先が思いやられる事件であった。

IMG_0345.jpg

一人で掃除中の図。。。。。


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

SUGO走行会の後始末


s-006 (2)

楽しかった2日間のSUGO走行会も終わり公道仕様に戻します。
まずはミラーを付け、最後まで迷ったバッフルの取り付け・・・・・回転をあげなければバッフル無しでもあまり変わらないとの意見もあるが公道を走る以上、突発路上検査で回転をあげてみろと言われたときに言い訳が出来ないと精神衛生上よくないので付ける事に。。。

s-007 (2)

変わんねーよ!とかバッフル取り外し出来る機構の時点でアウト!とか言われるのだが・・・・その辺は大目に見てくれるとありがたい。その他タイヤかすなどのよごれを綺麗にして再びガレージに納めた。

と言うわけでその翌日からの関西でのセミナー出席のついでにお世話になっている藤井寺のアブロードさんへ新ツナギの寸法取りに行ってきた。

s-004 (2)

こちらでロードレース出場のためにツナギを作ってもらったのがもう4年ほど前になるのであろうか。。。あっという間に時間は経過しているがこのお店はあまり変わらない。自分の体型はお腹周りが大きくなっているのだが。
今回は・・・もうロードレースに出場する可能性はほとんど無いのだがサーキット走行は続けるのでエアバッグ付きのツナギにすることになっている。
カラーリングデザインも自分が関係しているセオドールレーシング風にする予定で案を練っている。

s-001 (2)

これは先日の8耐に使用していた酒井選手始め参加ライダーのもの。
激戦の傷跡もまだそのままである。

s-002 (2)
s-003 (2)

そしてここに来たらこのかすうどんの本店が道路を挟んだ対面にあるので、暑い中寄ってきた。
懐かしい味に満足。
今回の帰国はイベント盛りだくさんだったのだが、今日で離日してしまう。台風が上陸とのことでフライトがどうなるか心配ではあるが。

今年は9月以降の帰国は東京には寄れないので、9月に予定しているツーリングで走り納めになる。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ストラーダSUGO走行会 2日目

s-062.jpg

走行会も2日目に突入。
夜のウチに降った雨で、朝イチに路面が濡れていたのでストラーダの野川代表と同乗して4輪のマーシャルカーでコース確認のためにコースインした。4輪だったら自分じゃなくてむらさんが運転して下さいよ、なんて言われたが遠慮して代表に運転してもらってコースを1周した。晴れていればどんどん乾くだろうがコース上はまだハーフウエットの状態であった。

本日の走行会は一番目のメニューとしてスタート練習。前日の宴会にてポールポジションをじゃんけんで決めている(笑)それぞれコースインしているのだが野川代表が適当にグリッドを決めていく。
完全に遊びではあるが、それでも裏の路面はまだ乾いていないので適当に1周してピットイン。そのまま走行会2日目がスタートである。

s-064_20160819221024ad8.jpg

天気予報では雨交じりだったのだが、そんな予報はどこに行ったのか完全にドライになっていく。前日とうって変わって晴れ間が続いてかなり暑くなってきている。

ここでせっかく速い人たちがいらしているので試乗や足回りのセッティングを兼ねて走行をしてもらうことにした。そして自分では聞くことの出来ない全開時の咆吼を聞くのが主目的である(笑)
試乗した後にはみなさんこのバイクが欲しいと言っていたのはRCには最高の褒め言葉であろう。

s-070.jpg
s-066.jpg

https://youtu.be/X5seOa5bEJ8

特にこのお二人はTOTでもトップの方なので思い切り全開にしていただきバッフル無しの咆吼を楽しませていただいた。
こうして楽しかった2日間も終了し、タイヤの状態を見ながらセッティングのアドバイスもいただき充実した走行会になった。

s-076.jpg

s-079.jpg

残念ながらオートシフターの件は解決にはほど遠い状態なのであるがクローズドサーキットでの全開時以外では何とか作動する状態ではあるので、もう少し対策を考えていただくことを野川代表と話をさせていただいている。

サーキット走行と言っても限られた時間でしか走れないので、このような充実した走行会も年に何度か合っても良いような気がする。次回の走行会も是非参加しようと思う。
バイクも限定のF4RCとはいえ、いままで公道も全開のサーキットも基本的に何のトラブルもなく走りきれる実力には脱帽であった。

s-080.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ストラーダSUGO走行会 1日目


3年ぶりのSUGOサーキット。
前回はおろしたてのF3で走行し、最終日の終了間際に転倒して赤旗を出し皆さんに迷惑を掛けた。今回も雨予報だったのでいつもより慎重に走ることは必須条件である。
天気予報では雨模様となっているのだが、現地に着くと曇り空ながら雨が降るような天気ではなさそうで一安心である。



ピットには当日の朝入りした先に到着していたメンバーのところへお邪魔した。ここもまるでワークス体制のようにイタリアンバイクが揃っている。

s-007_2016081922073019e.jpg

今回の走行では以前からトライしている逆チェンジでのオートシフターの作動確認が一番の目的である。
まずは本格的にテルミ管の咆吼を聞きたいとのリクエストが多かったためにバッフルを外す作業をにくまるさんにお願いした(笑)と言うよりも半ば強引に外されたという方が正しいかもしれない。

オートシフターはピットロードでは何となく問題なさそうに作動したのだが、コースに入ってアクセルを全開にしたとたんに作動せず。スイッチを逆にすれば作動する作戦はあえなく敗退した。

s-012_20160819220731325.jpg
s-018_20160819220733806.jpg

実際に外して走行したところ、ストレートを駆け上がってくる咆吼で皆さんが喜んでくれたので、自分自身は聞こえないのだが満足できたようであった。それにしてもアクセル全開がこんなに恐いバイクは初めてである。
公道で無茶な操縦をしているのではなくクローズドのサーキットで、である。無造作にアクセルONしよう物ならギアが何速であっても簡単にフロントが上がる。とてもアクセル全開で扱えるようなバイクではないことがよくわかった。
しかし公道ではこのパワーが良い方へ作用して非常に扱いやすい特性になっている。

F4RCは公道でもサーキットでも楽しいバイクであり誰にでもお勧めできるバイクである。

1日目の走行は4時間の枠であったが、それぞれが適当に休み休み走行をしてあちこちのピットでオタク談義が進んでいる。このような走行会はなかなか珍しいであろう。
走行終了後、参加者全員が泊まる宿では宴会が行われてじゃんけん大会も行われてそれぞれ商品をゲットしていた。

s-056.jpg

2日目は午前中3時間の枠である。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ストラーダSUGO走行会前日




自宅待機のパーツ達。
SUGO走行会の前日になった。FSWでの走行会をこなしたアグスタ仲間の松本のカエルさんが自身のF3レーサーを積んだトランポで自宅まで拾いに来てくれた。
2日間のSUGO走行会に参加するために前日入りし、現地近くの宿でゆっくりと休んでサーキット入りするためである。

s-002_201608192216164a0.jpg

若い頃は当日入りでも全く気にしなかったのであるが、もうそんなとしでもないので少しでも疲れは取っておこうという作戦である。
こうして画像を見ると完全にレパルトコルセワークスである(笑)

s-005_20160819221613382.jpg

s-004_20160819221612a81.jpg

カエルさんのF3レーサーはレースカウルなのでヘッドライトもデカールである。
もちろんナンバーも付いていない。

s-003_2016081922161199b.jpg

さあSUGOに出発!!

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

SUGO合宿準備中


今まで使用していたフォースフィールドのチェストプロテクターをHYODのD3Oチェストプロテクターに交換した。
交換の動機は脇腹までカバーするようになっているのと軽さ、そして空気の通りやすさである。



フォースフィールドは実績あるプロテクターなので安心なのだが、ソフトとはいえ厚みがあり空気の通りも悪いために夏のメッシュジャケットを着ても全く空気が通らずにメッシュジャケットの意味が全くなかった。
HYODのプロテクターはD3Oを使用して厚みもフォースフィールドの約半分、脇腹までカバーしているので表面積はあるものの、厚みがないのでタイトなダイネーゼジャケットを着てもまったく邪魔にならずに自由に動ける。
見ての通り空気の通りを考慮して比較的大きな穴が開いているのでメッシュジャケットを着ると今までと比べると風の通りがよくなった。

s-031_20160813094345c9e.jpg

15日ー16日とSUGOサーキットでの走行会があるので、昨日装着したオートシフター(改)の具合を見るために高速道路を中心にプチツーリングを行った。
隣は見知らぬ人のタンブリーニF4である。
たまたま通りがかっただけであったが、アグスタが偶然並ぶというのも珍しい光景であった。

オートシフターの作動状況であるが、全開状態ではやはりシフト出来ない。
少しアクセルを戻せばシフトアップもシフトダウンも問題無い。そこさえ気を使えば全くクラッチを使わないでシフト出来るので便利ではあるが、標準状態とはちょっと違う。

s-032_20160813094346170.jpg

試しに6速に入れた状態でさらにシフトアップの動作をしてみると一瞬失火するのでシフター自体は問題無いようである。
おそらくロッドも含めて新製したので微妙な微調整が必要なのだと思う。
これはSUGOにて微調整をしてみようと思う。

次にミラーをカウルから外してレースキットに付属しているカバーを装着する。
その前に新品にありがちな削りバリを取るためにタップを切る要領で一度ネジ穴にネジを通しておく。

s-035_20160813094348e29.jpg

ミラーを外してゴムパッキンを取ってみると・・・・みごとに削れてる。。。

s-037_20160813094349958.jpg

s-040_20160813094424fe7.jpg

一生懸命コンパウンドで磨いてみたものの塗装自体が乾燥する前に取り付けたのだろう、完全に段差が出来ていて消えない傷になっている。
アバウトな自分はミラーを付けてしまえば見えない箇所なので気にしないけど、普通はクレームになる案件だとは思う。
しかしクレームして再塗装をしたところで実際見えないところだし時間だけを浪費してしまうので気にしないのが精神衛生上よろしいかと思う。

s-042_20160813094426667.jpg

レースキット付属のアルミカバーを取り付けてみてもパッキン部の塗装部分の傷は見えてしまうけど・・・・(笑)
SUGO合宿では他に足回りやナビ配線など色々とやることも多くなった。時間はたっぷりと、そして仲間もたくさん参加するので合宿中の2日間でセッティングを完成させたいところである(爆笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

オートシフター解決か!?


残暑厳しい中、再び機上の人となり、帰国してきた。



深夜便での帰国なので朝焼けの中を日本に到着。雲海の中に浮かぶ富士山を眺めながらの帰国である。
今回の帰国はお盆中にSUGOサーキットでの走行会もあり非常に楽しみにしていた。

それともう一つ、大変楽しみにしていたのが(丸投げしていたが)シフトロッドを作製してもらったのでそれの取り付けである。

s-010_20160812173932435.jpg

サイズはノーマルと同じに合わせてもらい、スイッチ部だけをノーマルと逆付けにしてもらっている。単純に逆付けと言ってもねじ山の関係上オスメスを変更しなければならないのでロッドごと長さを合わせての加工になった。

今回逆シフトに当たっては様々な人に聞きまくり、単純にシフトスイッチを逆にするだけでは電気とコンピューターの関係上認識しないのではないか?そのためにドカティやBMWでは逆シフト用にコンピューターセットも別にセットしてあるほどであるとの意見もあった。

しかし松本ファクトリーのカエルさんと自分は、逆シフト用のセットとはスイッチをそのまま使用しての前提で信号を逆に認識するようであるならば、それはその通りだろうとの意見で一致していた。
つまり、これは単純に信号を逆にすれば問題無いはずと、いっそのことスイッチをロッドごと作りましょうということになったのである。思考も単純なのである(笑)

s-011_20160812173934e81.jpg

単純にスイッチだけを逆にしたのでスイッチに印刷してある文字がひっくり返しになっている(笑)

リード線も本来ならば前側に付いているのだが逆にしたので後ろ側から延びている。幸いリード線には余裕があるので問題無く装着できたのだが、リード線の収まりがあまりよくなく、美しくない。これはもう少し考える必要がある。

s-014_20160812173949d69.jpg

とりあえずタイラップで仮止めした。
ロッドとレバー、ペダルのネジ留めにはあたらしくチタンビスとチタンナイロンナットを使用した。

s-009_201608121739300e9.jpg

さて、試運転の結果であるがなんと思惑通りに逆チェンジで問題無くシフトが出来ることが確認できた。もちろんシフトアップもシフトダウンもである。
明後日にはSUGOでの走行会である。全開走行で問題無くチェンジできるか・・・大変楽しみになってきた。


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

9月4日に新型F4、アンベールか?



7月末にアップされていた画像。
これに現CEOのジョバンニ社長のインタビュー記事が上がっていた。



ザガードとアグスタとのコラボモデルが出るようだ。
限定50台と言うことだがこれが新型になるのかどうかは当日の発表を待ちたいと思う。

ちまたでの予想では逆クランク搭載の4気筒でとの希望的観測が大多数なのだが、50台限定で様子を見て好評ならば量産型に落とし込んで次期F4となるのか?

期待は高まる。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。