FC2ブログ

2016-06

2台のF4RC


2回目の納車を済ませた午後、近所にお住まいのmotoiさんと待ち合わせをしてお互いの盆栽度を比較した。

s-046_20160605065416e71.jpg

すこしチェーンオイルが垂れてきていたが、これも拭き取りもう一度チェーンルブを足しておこう。

製造元の社長からアドバイスいただきました。
*EVO.ChainLUは、(※初回時を除き)塗布メンテナンス後は、次回の塗布作業まで、ひたすら乾拭き拭上げ(※布ウエスを推奨します)だけでOKになります。(有効ライフ内で都度再塗布する必要はありません。むしろしないで下さい。)
飛散は、(いわゆる)ウエットタイプですので、塗布作業後は避けられないのですが、拭上げ作業を繰り返している内に、かなり減少します。(⇔都度塗布してしまうと、何時までも飛散が停まらないことになってしまうんです。)
乾拭き/拭上げの際は、ゴミ類が前後スプロケの「谷部分」に集まる傾向になりますので、その分をチョンチョンっと大まかに(摘むように)拭上げていただくと良いと思います。


シフトは逆チェンジに変更したのでディーラーオリジナルの物に換えたのだが、残念ながらオートシフターの作動状態はあまりよくない。シフトアップはコツを掴めば出来るのだが、シフトダウンはほとんど出来ない。
もちろんクラッチを使えば出来るし、シフトフィールもすごくいいのだが。。。逆チェンジになれてしまったので出来ればこのままが良いのだがRCのオートシフターはすごく出来がよいのでまた元のノーマルチェンジに戻そうかと思っている。

s-050.jpg

そして近所の量販店の駐車場に現れた2台のF4RCである。
一目見てサイレンサーの違いがよくわかる。コルセ冠はスマートに収まっているのに比べてテルミ管は太くアグレッシブに見える。音質も見たとおりでテルミ管が太く野太い音質に比べてコルセ管は高い音が目立つ。
個人的にはF4には4本出しだが似合うと思っていたのだが、テルミ管もアリだと思うようになってきた。
今回はアイドリング付近でしか比べられなかったが、次回ツーリングでご一緒できたときにはもっと高回転での聞き比べが出来るであろう。

s-054.jpg

フロント側から見比べてみるとフロントフェンダーの色とホイールの色の違いでこれだけ印象が変わる。

s-053.jpg

サイドから見比べると、ホイールの違い、またエンジンサイドカバーをミッソーニカラーへチェンジするための準備でカーボン地の物に交換していはいるが、タンクキャップとシングルシートを交換しているところが大きな違いである。
タンクキャップは最後まで迷ったのだが、盆栽度が遙か彼方にあるもんどさんのお勧めで交換してしまった。確かにそれほど心配しなくても大丈夫な気がする。

週明けにはツーリングの予定が入っている。準備はできた(笑)


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR