FC2ブログ

2016-05

F4RCレースキット装着途中経過


ディーラーさんから途中経過の画像を送っていただいた。
イタリア物なのでわかってはいたが、多少の調整が必要だとのこと。上からの画像ではあまりよくわからないが後端が浮いている。

シングルシート合わせ1

横からの画像を見ると確認出来る。
フィッティングしないで納品しちゃうんだろうな〜。このざっくり加減が潔い(笑)

シングルシート合わせ2

ボルト抜け

ナラシ中、注意していたのだがやはりボルトの脱落があった。
ボルト1本行方不明というか紛失である(笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



レースキット到着


標準マフラーに直付けのナンバープレートステーの装着ボルトもチタン製である。これをレースキット付属のテルミマフラーにすると当然このステーも使えない。
鈴鹿サーキット走行ではROC枠で走る事となるとナンバープレートがないと走ることが出来ないのでどうしてもこのテルミマフラーを装着した時用にナンバーステーは用意しなくてはならなくなる。



ディーラーでは新たに製作する予定があるとのことでそれを待っているところである。
そうこうしているうちにイタリア本社からとうとうレースキットが送られてきた。これが待ちに待ったレースキットの外箱である。いくつかのブログで画像を見たことはあるのだが実際に自分の物だと送られてくると嬉しさもひとしおである。

IMG_2225.jpg

蓋を開けてみると2段になっている。
上の段にはチタンパイプ。下の段には小物が納められている。

IMG_2227.jpg
IMG_2233.jpg

そしてこれがテルミマフラーである。コンペティションの雰囲気がぷんぷんである。

IMG_2237.jpg

シングルシートカバーも専用品が付いている。すでにタンデムステーも外しているのでこれも装着する。

IMG_2234.jpg

燃料タンクキャップはワンタッチの物が付いてきた。キーを使わないタイプなので公道を走るときにはいたずらなどを考えても不具合がでそうである。

IMG_2236.jpg

これが限定の証であるシリアルナンバーが記入されている盾である。
他にも専用ボディカバー、ゼッケンデカール、そして一番重要なレース(サーキット)専用ECUも付属している。これはノーマルECUと交換しただけでは作動せず、交換後にイタリア本社からシャシーナンバーを伝えた後に送られてくるパスワードを入力したあとに作動するような仕組みである。

IMG_2239.jpg

次回帰国が6月になるので、それまでにこれら残りの作業が終了するか楽しみであり、サーキットでのシェイクダウンも同時に楽しみである。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

F4RC初回点検前


GWも終わり、予定では最後の慣らし運転でカエルさんガレージまでのツーリングの予定だったのだが、あいにく西から天気が崩れてくる降水確率70%とのことで中止になってしまった。
そこで朝イチの曇り空ではあったが慣らしの仕上げで少し走ろうとエンジンを掛けた。



タンデムステップを外した後には穴が開いたままではかっこ悪いのでレーシングフックを装着した。これはたまたま試適しただけの新品をMさんがオークションに出していたのを、これもたまたま見つけて落札した物である。
偶然とは言え、世の中はせまいと言うことがよくわかる。

s-008_20160509144520460.jpg

今にも降り出しそうな曇り空なので無理は禁物、首都高速の周回だけで済ますことにした。平日の朝はGW直後と言うこともあり比較的空いている状態だったので気持ちよくペースを掴んで周回した。

s-006_20160509144519ed9.jpg

100kmほど走った時点でますます雨が降り出しそうな雲の色になってきたのでそのまま帰宅することにした。
午後からは雨が降り出し、3日ほどは降り続けるとのことなので今回の慣らし運転は今日で終了。次回はモディファイを続けてもらい6月に帰国した際に引き続き慣らしの仕上げをする予定とした。
チェーンルブにより当初の汚くなってしまうグリスが綺麗に飛んでいったためかスプロケにもほとんどグリスが付いていることがなくなった。

s-009_20160509144522d5f.jpg

と、ここまでで初回なら試運転は終了。自走で大阪まで行くのは不可能なので陸送を手配した。陸送の基地まではこのローダーで運び、トランポに積み替えて数台で運ぶとのことだった。

現在の最新情報ではどうやら日本に車輌のみ到着して不足していたレースキットの宝箱は残りがすべて日本に到着したようである。当然次回にはレースキットを装着しての再納車になるであろう・・・と期待している。

s-014_2016050914452491a.jpg
s-018_2016050914451875f.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今日はメンテ日和

昨日の雨が嘘のように晴れ渡った休日。世間ではいよいよGW終盤戦だ。近くに首都高速が通っているので遠くにバイクの音もよく聞こえる。

s-010_20160507170012019.jpg  カウル甲羅干し

天気が良いのにバイクで走り出さないのには訳がある。とはいえたいした訳ではないのだが、先日注文したレーシングタスクのチェーンルブが届くからそれを施工したかったのである。
施工と言うのは大袈裟だが、チェーンに付いていたグリスはそのまま付けてもらっていたので、走行の度に黒くなったオイルを拭き取っていたがどうにも汚く見えてしまうのでそれの解消とフリクションレスなチェーンルブを試してみたくなったのである。

s-002_20160507165954950.jpg  チェーンに直接塗布するには口が大きい

s-004_201605071659555d3.jpg 

到着したルブの容器はちょっと大きいので小出しに出来る容器も付けていただいた。
このルブはスプレー式ではなく直接塗布するタイプなのでヒトコマずつプレート間とローラー間の4カ所ずつ塗布していく地道な作業だ。
もちろん塗布する前に乾いたウエスでカラ拭きしてある程度のオイルは拭き取っておく。
アンダーカウルに垂れていたオイルも気になったのでエンジン部を確認。

s-007_201605071659589d3.jpg 

カバーにうっすらとオイルのスジが付いている。アンダーカウルの内側を見てみたが、それらしい溜まりはなかったので深刻な状態ではなようだ。
カウルの裏も再確認。

s-005_20160507165957ba0.jpg 

カーボンカウルなので当然裏は黒くて独りでにやけている自分がいる(笑)
一通りチェーンルブを塗布し終わった時点でマシンの周り、特にエンジン部のオイル漏れなどがないかを確認する。

s-009_2016050717000090d.jpg 

s-011_20160507170013008.jpg 

このあとカウルをすべて装着したところカウルビスが一つ余った(笑)アンダーカウルの下側を留めるのを忘れていたようだ。
この状態で数百メートル試運転をして手でリアタイヤを回してみたら確かに抵抗が少なくなって軽く回るようになっていた。代理店の話では100kmほど走ればもっと馴染んで軽くなりますよとのこと。
9日のツーリングが楽しみだ。
にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村

F4RCのご対面


今日は昨日とはうって変わってのどんよりした天気ではあったが、ブログを通じてお知り合いになったMさんと合流すべく、近所の量販店の駐車場で待ち合わせをした。



午前中いっぱいは用事を済ませて午後イチでの待ち合わせであったが、この時点でも上空からは雨が降ってきそうな感じである。残念ながら今回はお互いのバイクを並べるだけになりそうである。
そうこうしているうちに待ち合わせ場所に現れたもう一台のバイクはこれである。

s-002_2016050615173313b.jpg

このオーナーのMさんもブログを始めたそうである。

http://motoimasami.blog.fc2.com/

この前は白のF4RRを所有していたそうであるが、その時のパーツを売却せずにとって置いて移植しているとのこと。またフロントフェンダーも樹脂部をご自身所有のカーボンフェンダーに交換している。
やはりレースキットは未着だとのことで、やはりご自身所有のモトコルセチタン管に換装しているという強者だ。

s-004_20160506151734955.jpg

モディファイ箇所は違うのだがやはり同じ車種なので漂うオーラは同じ。ホイールもマルケゴールドもよく似合う。

s-007_20160506151736396.jpg
s-008_20160506151737cb9.jpg

会話が弾んでいるウチに雨が降ってきてしまったので屋内駐車場に移動してオタク話の続きを止めどなくしていたが、雨もこの後止む気配がないので小ぶりになった時点で解散をすることにした。
残念ながら今回は2台でプチツーリングは出来なかったが、次回は予定を合わせてツーリングに行くことを約束して、ほんのわずかな時間のオタク話は解散になった。

s-005_20160506151755471.jpg

こだわりのモディファイは箇所は違えど同じ気持ちから進めている(笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

F4RC慣らし3日目


5月4日は強風でとても乗る気が起きなかったが、5日のこどもの日。とても良い天気に恵まれた。
ふたたび距離を伸ばすために朝イチでプチツーリングへ出発した。



本日のお供ヘルメットは完成したばかりのアライカーボンヘルメットRX7RCである。外注に出していたヘルメットであるが塗装のクオリティがハンパない。凄すぎて参考にもならなかった(笑)

朝の海老名サービスエリアはそこそこ混雑しているも渋滞は全くなく順調そのものである。
このあとは圏央道に抜けるか小田厚に入って大観山まで走るかを考えてみたが、天気も良いので気持ちよいだろうと大観山へ進路を決めた。

s-003_201605051255314c4.jpg

引っ越し荷物を積んだハーレー軍団も山道に行くようである。どこかでキャンプでもするのかな?
小田厚も空いていたのだが、助手席側に補助ミラーが付いているスモーク貼りの黒いセダンにずっとマークされてて制限速度+αしか出せずに淡々と走った。ライトブルーのお揃いの服を着ているおじさん二人連れだろう。
幸い抜く前に気が付いたので事なきを得たのだが。

s-005_20160505125533bb0.jpg

大観山はそこそこ混んでいたのでバイクの置き場からは富士山が綺麗に見えなかったので代わりにうめよしヘルメットが代行(笑)山は風が強かったので富士山にも雲がかからず綺麗に見えた。ここで回転数を6000まで上げて登ってきた。
下りはさすがに回転をあげて走るようなマネは出来ずに大人しく下り、帰りの高速では低速ギアで回転をあげる手段を使い走って行った。
s-008_20160505125615022.jpg
東名高速の上りは事故渋滞が始まってしまったので圏央道を使い中央高速を上ることにした。こちらは渋滞もなく無事帰宅できた。今回のプチツーで走行距離は770kmになった。もうすぐ慣らしも終わりである。
距離が伸びるに連れてどんどんエンジン音や各部の音が綺麗に澄んだ音になってきている。アクセルの付きもかなり良くなってきた。帰りは8000回転にしたが、料金所からの加速ではとても目が付いていかない。
もうお腹いっぱいである。。。

s-009_2016050512561697e.jpg

ガレージ前でスタンドに立てた状態で各部のチェック。
この時にいくつか気になるところがある。

s-011_20160505125619401.jpg
このオイルよごれ。こちら側だけであるが拭き取ってみるとねっとりした感じ。スプロケを確認するとやはり同じ様にねっとりとしたオイルで汚れている。これはチェーンルプなんだろうと思うが、飛び散るほど注油していたのだろうか?他の箇所からオイルが漏れているような形跡はなかった。
s-012_2016050512562191c.jpg
スプロケの歯には同じ様なオイルがたっぷり付いている。拭き取ると先ほどと同じ感じで拭き取れる。恐らくこのオイルが飛んでカウルに付着したのだろうと思う。

s-014_2016050512564092d.jpg

エンジンオイル残量はここの隙間から確認できる。全く減っていない。窓から見ても綺麗なオイルだ。よく働いてくれているのだろう。。
s-010_201605051256182f4.jpg

ここのグリスもスプロケに付いているオイルと同様見た目が汚い。何とかしたいところである。

s-016_201605051256416f8.jpg
このホイール、ウエイトがバルブの所に付いている。普通はバルブと反対側に付いていると思ったのだが。。。バルブの分の重量をよけいに反対側に付けたりしているのだろうか???
前後とも同じなのでタイヤ・・というよりもホイール側に秘密があるような気がする。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

アグスタF4RC慣らし2日目


前日の200km慣らしで腰に筋肉痛がきているが、天気が良いウチに少しでも距離をのばすために再び慣らし運転に出掛けた。
とはいえGW初日なので中央高速、東名高速は渋滞が激しく選んだのは比較的渋滞も少なめな常磐道である。

s-001 (2)

それでも集合時間の8時よりも早めに到着した時点ですでに渋滞は始まっていた。モディファイしたとは言え、レーシングクラッチはやはり重い。停止さえしなければオートシフターが優秀なので一切クラッチを使うことはないのだが。
ここでオートシフターの出来に感心したのだが、シフトアップ時はアクセルを多少でも開けていないとギアが上がることがなく、逆にアクセルを閉じていないとシフトダウンが出来ないことである。
シフトアップ時はそれほど気にならないがシフトダウン時、これはアップするつもりがダウンしてしまいオーバーレズを防ぐという意味ではにわかレーサーの自分には非常に有効であろう。
特に今回は逆チェンジが間に合わなかったので常にチェンジ順をアタマで確認しながらの走行だったのだがそれもうっかりまちがえそうになったので大変助かった。

s-002 (2)

今回の旅のお供はだんいちくん。18歳年下の彼は仲間内でも爆食いで有名である(笑)
回転数縛りがあるのでとことこツーリングでおさかなセンターの食堂で海鮮丼を食すというのが今回の慣らしツーリングの副題である。
とことこ走っているとSSの姿勢では段々辛くなってくるのでちょくちょく休憩を挟みながらの行程である。

s-006 (2)

s-005 (2)

身長が高く足の長い彼は車高が高いRCに跨がってもかかとが付く。羨ましい・・・(笑)嬉しそうに跨がっている顔を見て、自身もこんな顔をして走っているんだろうなと想像。

s-008 (2)

道中はとことこ走るだけであったが北関東道はインターチェンジごとにパトカーが2台ずつ配備されていて渋滞警戒のためなのか、渋滞が開けて開放感で速度超過になってしまう車輌摘発のためなのか。。。たぶん後者だろうな。
そうこうしているうちにおさかなセンターへ到着。

s-008 (2)

駐車場へ入るために渋滞を横目にバイクは専用の駐車場へと誘導される。さすがにGW初日だけあり凄い混雑である。

s-012 (2)

s-016 (2)

s-017 (2)

2日間連続慣らしツーリング、無事終了である。2日間で合計450km走破。回転数縛りがあるので思ったより時間が掛かり時間の割に全然走れなかった。
次回は少し回転をあげて走れるのでビーナスライン経由のカエルさんガレージ急襲ツーリングの予定である。

s-024_2016050322104576c.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



F4RCの慣らし運転1日目


前日の夕方に受け取ったアグスタF4RC。
GW中に慣らしを終わらせようと、何日間かのツーリングを予定している。その第1日目、連続して2日間のチョイ乗りツーリング初日である。
当日朝にはナラシ運転をするために朝早く起きてエンジンに火を入れた。



暖機運転もそこそこに走り出したい誘惑に駆られながらも、きっちり暖気はしてみる。暖気中眺めていたが、気持ちは1/1プラモデルの気分である。造形もカラーリングもこれほど自分の感性に艶やかな雰囲気に感じられるバイクは他には無いと思った。短期間で乗り換えてはいるが、歴代のアグスタF4の乗り換えであり、これがアグスタではゴールであろう。

さて、暖気も終了し走り出した。最初なのできっちり4000回転キープして高速道路を待ち合わせ場所の厚木サービスエリアへ向かう。4000回転だと時速90キロほどなので走行車線を走っていると前の車に徐々に追いついてしまうが抜くにはスピードは足りなくて抜くまでには至らないジレンマに満ちた走行になった。

s-002_2016050322080366c.jpg

待ち合わせ場所にはすでににくまるさんが駐車場にバイクを停めて待っていた。何度かブログでは絡んでいたのだがお目に掛かるのはこの日が始めて。しかし初めてのような気がしないのはやはりブログのお陰であろう。
挨拶もそこそこにバイク談義で話が盛り上がる。F4RRの他にDB8やブルターレを所有し、それぞれにモディファイを加えているにくまるさんの話は細かい箇所のモディファイに凄く参考になる。
第2待ち合わせ場所の時間には少し間があったのでしばらくそこでお互いのバイクを見比べながらオタク話をしてから次の待ち合わせ場所に向かう。

s-008_201605032208067fe.jpg

ここにはドカティに乗っていたときからの友人達と待ち合わせ。3台のドカティが揃って合計5台でのプチツーリングである。この日は回転数縛りのあるF4RCのために近場で宮ヶ瀬往復となった。
天気もそこそこなので宮ヶ瀬で小休止。ドカティ仲間とのツーリングは久しぶりでやはりオタク話で盛り上がる。

s-011_201605032208075a1.jpg

s-012_20160503220902419.jpg

宮ヶ瀬は平日なのでバイクの数も少なかったが、それでもGWに入った人も多いのであろう、そこそこの数は来ていたようだ。ここで駐車場を移動してランチ。

s-013_20160503220903ed0.jpg

s-015_20160503220904cc8.jpg

ランチ会場の駐車場に停めるときにちょっとした段差があり、不用意に慌ててしまって危なく立ちゴケしてしまうところだったが、何とか持ち直し無事であった。目の前の出来事で全員が肝を冷やしたとのことである(笑)
ここではポークソテーをいただいたがとてもおいしくて、これからはここに来たときは常連になるつもりである。

一休み後にはアグスタ仲間の待つ厚木のモトコルセへ。

s-017_20160503220906c41.jpg

始めてお目にかかるもんどさんもいらして彼のモディファイドDB8ともご対面。
もともとDB8はカーボンや削り出しパーツ満載なのだが、それに加えてオーリンズFGRが入れており、それに伴いブレーキキャリパーなど素晴らしい逸品がてんこ盛り。大変目の保養になった。
名古屋からイタ鉄さんも前日から厚木入りしてFerrariさんのお宅に泊まってご自身のDB5のモディファイ進行状態を確認にいらしていた。そこで再びオタク話に花が咲く。
情報によるとブレンボのブレーキタンクのパッキンに不良がある個体があり、漏れてきてしまう場合があるとのことで、キャップを黒い樹脂製の物からSTMの削り出しに交換した。同じ黒にしようかと思ったのだが、その場にいた仲間全員で色を変えるんだと・・・勢いとは恐ろしい物でゴールドのキャップを買ってしまった(笑)盆栽度にますます加速がついていく・・・。

s-020_2016050322090717b.jpg

ナラシ一日目は200kmほどの走行で終了。車高が高いので停車の度にひやひやする。これほど長い足が欲しいと思ったことはない。。。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


RC納車


陸送手配してもらったので足立2りんかんまで受け取りに行ってきた。

帰国直後羽田空港から2りんかんに電話したところ、その時点では到着していなかったのだが帰宅したタイミングでただいま到着しましたと連絡が。
荷物を置いて整理もせずに急いで2りんかんへ。



疲れていたので自宅までのちょい乗りだったが、今まで乗ってきた歴代のF4に比べてもすべてが段違いにスムーズである。
特に今回はオイルさえもこだわり、レーシングタスクを選んだのが効いているのだろう。
シフトフィールさえも完璧。ただし逆チェンでないので常にそれを頭に入れているのだが、つい間違えてしまう。ナラシの間だけとはいえ、気をつけないと。

s-s-006.jpg

ナラシの前にガソリンを満タンにしてガレージへ戻る。
戻った時点でタンデムステーをはずそうと思ったところ、ヘキサゴンが合わない。トルクス、別名ヘクスローブ規格だった。
うっかりしていたがRCのチタンビスはすべてこれであったので購入しておくべきだったのだ。

s-s-007.jpg

とりあえずはそのままナラシを続行する。
明日は天気も良さそうなのでナラシ一日目として高速中心で回るつもりである。

s-s-001_20160501222346d04.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR