FC2ブログ

2016-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Schuberth SR1カラーチェンジ


アライRX7RCに続いてシューバルトもカラーチェンジをすることにした。
まず内装をバラし、筐体のみの状態にする。



バラすと発泡スチロールの内装でもけっこうな重量があることがわかる。
今回も上半分のみを塗装することにした。

s-007_2016032919241145f.jpg

紙やすりで適当に段差を無くす程度に慣らして、下地の白を隠蔽力のあるアルティメットホワイトで吹く。マスキングテープで下半分は隠して、上部の蛍光レッドのベースを作った後にグラディーションを付けるためのピンストライプも取り付ける。
蛍光レッドで吹いた後にグラディーションの横線を付けて、その後縦線も付けていく。
これはいつもと同じ作業である。

s-008_20160329192412436.jpg

s-012_20160329192414b0b.jpg

両方のグラディーションを付けた後にピンストライプのマスキングを剥がして全体を蛍光レッドで吹き、色調を整えていく。
蛍光レッドが乾燥したら次はその下の模様を付けるのだが、今回はF4RCとF3ソーラービームをイメージしたカラーをアンシンメトリーニ配置したカラーにすることにした。
s-015_20160329192415cbb.jpg

順番にマスキングを施して1色ずつ吹いていくのだが、乾燥させる合間にデカールを作製する。

s-014_201603291924516ce.jpg

デカールを貼った時点で上から全体につや消しクリアーを吹いて下半分のマットカラーとの艶を一致させる。所々、タッチアップする事になってしまうのはご愛敬である。

s-001_2016032919252402b.jpg

とりあえず完成させたのでバラした内装を組み合わせるのだが、元通りになるのであろうか?(笑)

s-005_20160329192530852.jpg

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

東京モーターサイクルショー2016 MV AGUSTA 編


幸い天気がよい。が、風は冷たい中、東京モーターサイクルショーへ出掛けてきた。
毎年見学には来るのであるが、今年は自分の発注した車両が展示されているとの期待を込めて例年とは違う視点での見学である。



業者枠でのチケットではないので午後からの入場であったが、かなりの混雑で盛況である。
目的のブースはもちろんMV AGUSTA である。
まずはこれ。

s-009_20160326082147092.jpg

ありました。
ショーの直前にイタリア本社が「倒産処理手続へ」とニュースが流れていたが、好調なセールスを記録している会社をむざむざ潰すようなことにはならないだろうし、単なる覇権争いの顛末ではないかと予想している。
ここしばらくこのようなことがなかったのでビックリはしたが、今までは2-3年ごとにこのようなことになっているので基本的には何も変わらないだろうと周りでも判断しているようだ。
レースでは第2戦からAMGのステッカーが外されていることも関係しているかもしれない。

ともかくこれを機会に我々末端のユーザーには迷惑が掛からないような体制を再構築してもらいたいと希望するのみである。

s-010_20160326082125ba2.jpg

それはともかくこちらの車輌。発注しているユーザーが一番心配なのは付属されているはずのレースキットが多数届いていないということであろう。この車両も公道仕様で展示されており、レースキットは届いていないとのことである。
イタリア本社とやりとりをしている担当者に聞いてみたが、あるパーツが一つだけ揃わなくて発送を止めているとのことで、そのパーツが揃い次第キットパーツの発送をするとの回答を得ているそうである。
まさにイタリアンジョブである。

このショーが終わったタイミングで納車になるのでモディファイ箇所を確認しながら観察をする。
RCの不満箇所はマスターがセミラジアルであることとスプロケが鉄であることだ。幸いここはアフターパーツが豊富に出ているので比較的に簡単に交換できる。ということで早速ディーラーには発注している。
制作中のカウルも納車後にチリ合わせをして最後の仕上げに掛かると言うことなので、次回帰国時のGWにはモディファイも済ませて乗ることが出来るであろう。

次はこれ。

s-005_201603260846499be.jpg


もう発表しても良いかと思うが、実はF3RCはディーラーの社長と打ち合わせをしている際に、社長の強い勧めでRCをキャンセルして、こちらへ車輌変更したのである。まだ正式な価格も決まっていないそうだが。
確かによく考えてみたら同じカラーリングの物を2台持っているよりも、より希少性の高い特別仕様の物を所有していた方が手放すときもバリューがいいと自分でも判断した。

s-013_20160326084656429.jpg

もちろんF3RCのカラーリングも素晴らしいと思うが。
ソーラービームカラーは本社のゴタゴタがあって現時点では世界にこれ1台であろう。
それでも現状ではF3RCと同様にほぼスタンダード仕様なので、こちらのモディファイにはお金が掛かりそうである。

s-007_20160326082122965.jpg

このカラーリングはむっちりのF4RCと比べても写真で見るよりも数倍F3の軽快さとシャープさが上手く表現されていて素晴らしいと感じている。こちらは6月頃の納車になる予定とのことである。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




iPhone修理 → SIMフリー完了


ご存知の通りF4RCを注文して代金も全額支払ったのである。

その後、
「 『アグスタ本社から◯◯さまのF4RCは◯月の生産が遅れてしまい○月の到着になります』と通知が来ました」
とアグスタジャパンから連絡があった。

それきりだ。
それ以降、連絡はない。うんでもなけりゃ、すんでもない。連絡なし。
これはMVアグスタに限らず、他の輸入車ディーラーも同じようなもんである。お付き合いのあったコーンズやヤナセでもオプションを選んだりしてた場合は同じであった。
たしかにクルマが来ない以上ディーラー担当氏が、「待ち遠しいですよね。納車まであと◯ヶ月ですよね」と電話をかけてきても何の意味もないのである。。。。
なんとも言いにくい時間がすぎていく。。。。(笑)



さて、仕事でも使用しているiPhone6Plusのタッチセンサー不良が出始めたのが2月初旬。
最初は再起動すると直っていたのが1週間もすれば全く反応しなくなってしまった。そこで上海の狭い路地にある修理屋さんへ持って行ってみた。
分解したことがバレると修理が出来なくなるとアップルジャパン?では通知している。それでも帰国までの数週間携帯無しでは仕事の連絡さえ取れなくなってしまう。ビジネスパートナーからは「お願いだから早く修理してくれ」との矢の催促。
仕方ないので修理屋へ持っていった次第である。

街の修理屋ではフロントパネルを外してみて新品とツナギ直して確認。アクティベーションし直して確認といくつか試してみたのだが、轟沈(笑)基板交換だねといとも簡単に言われてしまった。
幸いAppleCare+に加入していたので最大でも7800円で修理が出来るのだが、日本でないとこれが利かない。上海では有償交換になるとのことで4万から5万になるとのこと。
仕方ないので昔使っていたガレケ-を発掘してきてそれをエマージェンシー様に使うことにしてビジネスパートナー達には連絡をした。

帰国したら早速秋葉原のアプルサービスセンターへ持ち込んで確認をしてもらったら、即座に新品交換しますと(笑)
内心ラッキーとも思ったが、SIMフリー機にしているのに・・・とちょっと不満。
修理に時間が掛かると踏んでいたので6sPlusも実は注文してしまっていたのだが、即日新品交換処理となった。

そして、もう2度と落としても壊れないようにきちんとしたバンパーを購入しようと2台分、違うメーカーの物を購入した。
一つはプレスのバンパー、もう一つは削り出しのどちらもアルミ製のパンパーである。

s-DSC03042.jpg

アルミのプレスパンパーは工具も必要としない構造で手軽なのだが、はめ合わせの部分にかみ合いに難点があり手で調整出来るのだがいまいちツライチにならない。軽くて良いのだがどうしてもぴったりとかみ合わないので質感はイマイチである。

s-DSC03047.jpg

削り出しの方は極小ビスで留めるのはもちろんぴったりはまるし、削り出しの質感も素晴らしい。難点は頻繁にSIMカードを交換しようにも工具無しでは不可能だし、極小ビスも無くしやすい事だろう。いつものように着陸時に航空機内で慌ててSIMカードを交換等は出来ない。

s-DSC03043.jpg

次に必要なのがSIMフリーである。
上海だけでなく香港、マカオそしてヨーロッパと頻繁に仕事で遠征するのでSIMフリーかは必要である。自身は専らファクトリーアンロックサービスというのを使っている。
ただしiPhone6sからは180日以上経過すればメーカーでSIMフリーにしてくれると公式にアナウンスされたので、6sの方は今回SIMフリー化しないことにしてしばらくは日本専用にしようと思っている。海外ローミングサービスは一日で2000円近く掛かるからローミングはカット(笑)

s-DSC03039.jpg

今回も、ものの3日間でSIMフリー携帯になった。フリー化完了の連絡を受けて香港のSIMカードを入れて確認したところ無事認識できた。

s-DSC03048.jpg

ちょっとよけいな出費になってしまったが仕事で必要なので仕方ない出費であろう。
180日後に6sのSIMフリー化が完了したら旧型iPhone6PlusはSIMフリー機としてヤフオクででも出品する予定である。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。