FC2ブログ

2015-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレスリリース 14/MAY/2015


今回もまたバイクには関係ない記事になってしまうのをお許しいただきたい。

TR_S27.jpg


今週、静岡で開催される第54回静岡ホビーショーで、自身も株主の一人であるセオドールレーシングとモデラーの皆さんがよくご存じのスタジオ27、コレクターの皆さんにも有名なスパークモデルの3社からプレスリリースが発表される。
今まで何度かの打ち合わせなどを経てようやく発表までに至ったので、何もしなかったのだがF1オタクの自身には感無量である。英文のプレスリリースもあるのだが、翻訳文を下に記しておきたい。


PRESS RELEASE
私たちセオドールレーシングはこのたび世界的なミニチュアカーメーカーのMINIMAX (SPARK)と国内外で多くのファンから支持されているガレージキットメーカーである (STUDIO 27)との間にオフィシャルライセンス契約を締結しました。両メーカーから私たちのモータースポーツにおける歴史をモデルカーで再現して頂くことになり、多くのファンの皆様と共に楽しさと歴史を共有できる事を大変に嬉しく思っております。私たちのチームは先代のテディ・イップ シニアが1970 年代半ばに起こしたチームであり、日本では1976 年,“雨の富士スピードウエイ”において開催された F1 世界選手権 in Japan にアラン・シジョーンズ(Alan Jones)選手の駆るサーティースにスポンサードしたのが最初の記録として残されております。そして 1977 年 F1 日本グランプリでは正式にセオドールレーシングとしてエントリー。この時のドライバーはフランスのパトリック・タンベイ(Patrick Tambay) 選手で、マシンはエンサインでした。日本の皆さんがセオドールレーシングの名前を最も記憶しているのはマカオグランプリに於ける 1983 の年アイルトン・セナ(Aryton Senna)選手と 1990 年のミカ・ハッキネン(Mika Hakkinen)選手ではないでしょうか?このように セオドールレーシングは長い歴史のなかで多くの名ドライバーを世界に飛躍するチャンスを沢山作ってまいりました。
その我々のヒストリーを形として残す為に、今回のオフィシャルライセンスプロダクツの契約をまとめ上げたのです。我々のヒストリーが皆さんの目の前にモデルカーと言う分り易いカタチでお目見えすることになります。これらの趣旨にご理解を頂き契約を締結して頂きました MINIMAX と有限会社ジルには大変に感謝をしておりこの場を借りて御礼申し上げます。皆様方におかれましてはミニチュアカーやプラモデル等と共に2013年より復活したセカンドジェネレーションのセオドールリーシングへの応援をどうぞ宜しくお願い致します。

                      Theodore Racing Team Principal
                                                             Teddy Yip Jr


ホビーショーにはスタジオ27製のWOLF WR3が展示されているはずであるが、他にもデカールとしていくつか展示される予定である。機会があれば是非手にとってご覧になっていただきたいモデルである。

今回のリリース以外にもいくつかの素晴らしい案件が進んでいるので、いずれ発表出来る時期がくればプレスリリースの発表と同時にここで記事にすることにする。
これからのセオドールレーシングにご期待くださいと言っておこう。


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

スピリッツHONDA201Cモノコック


本当だったら今頃は伊豆スカイラインで走り回っている予定だったのだが、雨70%予報だったので中止。自宅で悶々とステッカー作りに勤しんでいる。
先日作ったF4RCステッカーも別バージョンを作ってみた。基本、オリジナルを周到した色違いなので簡単にできる。



さて、お次はサイドポンツーンにミドルウイングを取り付ける。
メタルキットはハンダで付ける事が可能であり、乾燥などの必要も無くすぐに削ることが出来るので割と便利である。しかし本体のホワイトメタルはハンダよりも融点が低いので、ちょっと油断すると本体ごと溶けてしまう。それさえ気をつければ、頑丈に付けられる。
一変に付けようとしないでまずは点で仮止めを行う。きちんと固定したらハンダを多めに本体に乗せるように溶着させるのがコツと言えば唯一のコツである。

s-003_201505040955442e7.jpg

その後は裏と表の両側にハンダを盛って金ヤスリで整形。

s-004_201505040955464b6.jpg

スケールが小さいのできちんとした面を出すためには各パーツのエッジを立てるように大袈裟にラインをつけて削っていく。同時に形状の修正も行っていく。
この時代のF1はミドルウイングなどが付いていて、模型映えするマシンが多い。一つ一つのパーツをシャープに再現することで見た目綺麗な模型が出来上がる。

s-005_20150504095547705.jpg

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村

1/43メタルキット スピリッツHONDA201C


出張用に使用しているMacBookプロのカバーに貼っていたF4RRのステッカーを剥がして、新しくF4RCのステッカーを作り貼り付けた。



電源を入れるとリンゴマークが光るのでこのように見える。
所有するバイクもRC30、F4RC。そしてヘルメットもアライRX7RCと全部RCが付いている。レース関連のネームをつけるとなるとRCはどうしてもつけたくなるようだ。

名称未設定 1

ところで、今回の帰国中に久しぶりにメタルキットに手を出した。
今回のキットはSmtcというメーカーから発売されていた1983年シーズンのスピリッツHONDA201Cである。

スケールが小さいので加工自体は楽なのだが、モノが小さいだけにそれなりに工夫をしないとパーツが飛んで行ってしまったりしてなくす可能性が大きいので注意が必要だ。

名称未設定 3

まずはモノコックの修正から。
この時代はアルミモノコックを使用しているのでホワイトメタルを磨くだけで簡単に地肌が光ってくれるので楽である。ただし、面をきちんと出すように角をシャープに出す必要がある。
また一体成形されているいくつかのパーツは面を出すのに邪魔になるので、切り取ってしまい他のパーツで再現する。

名称未設定 2

このモノコックで言えば、給油口はサイドのパネルの面を出すのにはとても邪魔になるので切り取ってしまい、何本かの真鍮パイプでそれらしく再現する。

s-009_2015050322245607a.jpg

また、このマシンはフルカバーカウルでなく、エンジン部分が丸出しでメカニカルな雰囲気を出すのに都合が良い。
ギアボックスとドライブシャフトはホワイトメタルで一体成形であるので、これも切り取ってしまい洋白線、真鍮パイプで再現するとぐっと締まって見えてくる。

s-010_20150503222628fcd.jpg

エンジン部の再現もいろいろな材料を使用してそれらしく再現していこう。
モノコックからフロント回りの仮組をしてみたが、パーツの合いも良好で、これならば大幅な大改造はしなくても済みそうである。このキット自体はモールドもシャープなので作りがいがある。久しぶりのメタルキット、充分楽しめる内容であるようだ。

s-002_20150504053539603.jpg


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。