FC2ブログ

2015-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F4用のパーツ、実はステッカー製作


ようやく届き始めたF4に装着予定のパーツ群達。
それでもまだ2~3週間ほど掛かりそうなパーツもあってなかなか揃わない。カウル類はボリ過ぎじゃないか?ってほどの値段の純正パーツは外して、軽くて丈夫しかもお安いカーボンパーツを発注しているのだが、そうそう売れるパーツではないからであろう、在庫がないものは発注になってしまっているが、どうせ冬だし乗らないのでのんびり構えている。
そんな中でも届いた画像を見るだけでもわくわくする。このホイール、マグ鍛はとても買えないのでアルミ鍛ではあるが。。。



そして、乗れないヒマな時期を過ごすにはステッカー作りに勤しむことにする。

s-150126001.jpg

フロントカウルに貼るステッカーもネットで拾った画像を参考に製図して切り出す。グリーンのカッティングシートが品切れだったが、これも発注。到着次第これも切り出す予定でその他のパーツを切り出す。
到着まで我慢できずに完成してるパーツのみで組み合わせたりして(笑)

s-150126002.jpg

これはフロントフェンダーに貼るつもりであるが、ホントはF3-800agoのフェンダーに貼ってある標準デカールをパクった。
そして勢いでオイルメーカーのステッカーも、下地はカーボンなので黒い部分をカーボン地になるように切り抜きで作った。このオイルメーカーは昔はアジップって言っていたような気がするが社名変更したようだ。
サイドカウルに貼る標準のステッカーもカーボン地を出した塗装にするので、それに合わせて標準のF4とRRのロゴも色を変えるためにカッティングシートで切り出した。
このデーターはアグスタ仲間のマルコさんにいただいたデーターを使用させていただいた。

s-150126003.jpg

ついでに、カウルにヒビが入っているので再塗装に出すRC30のカウル用にちょっと前に作っておいたステッカーも引っ張り出してきて、足りないものを追加で作ることに。

s-150126004.jpg

やはり色別に切り出して一つに合体させる。

s-150126005.jpg

昔の8耐の記事を眺めながら、一つ足りないステッカーを発見。これも作ることにした。

s-150126006.jpg

カウル修理が上がってきたら、これらを8耐のイメージで貼り付けてレプリカ風に仕上げるつもりである。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

エンジン不調?とオイル交換


寒いけど天気の良い日、1ヶ月ぶりにちょい乗りしようとRC30の準備をした。
ところが何度セルモーターを回しても全く火が入らない。また点火系統のトラブルか?それとも燃料系のトラブルか?



さすがのリチウムイオンバッテリーでも何度もセルモーターを回しているうちにセルモーターの回転も怪しくなってきた。予備のバッテリーも取っているので、それも使用してトライしたのだが全くエンジンが掛かる気配はない。
もうプラグがかぶってしまったと予想して、この日はあきらめた。

s-150120004.jpg

s-150120002.jpg

ノーマルの鉛バッテリーと比べるとリチウムイオンバッテリーはかなり小さいし、軽い。重量はともかく、バッテリーケース内で走行中暴れないようにスポンジでスペーサーを作って搭載している。
次の日、2個のバッテリーを満充電した後にもう一度トライ。これで掛からなければ点火系のチェックを行うためにプラグを外すことが必要になる。
が、何度かトライした時点であっけなくエンジンが掛かった。

s-150120005.jpg

冬はエンジンが掛かりにくいのは確かなのだが、1ヶ月放置していただけでも問題が出るのであろうか。。。
とりあえずしばらくはこのまま様子を見て、問題があるようであればエアクリーナーをノーマルに戻したり対策を立てることが必要かもしれない。

暑いひと夏を過ごしたエンジンオイルも今回チェックしてみた。
汚れもほとんど無く、減りも無かったので一安心。

s-150120007.jpg

今週末、天気が良くなったらちょい乗りをして調子を確かめてみよう。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

プロター MVアグスタ500 ケース


完成したアグスタGP500のケースを購入した。
いくつかの候補はあったのだが、今まで作った模型ケースと同じ形式で、底面の上に透明ケースをのせるタイプで統一した。



底面はアクリルの白を使用して、ここにつや消し白でアグスタエンブレムと車名をカッティングシートで切り出したステッカーを作り、貼り付ける。
この上からスタンドを固定するための穴をピンバイスで開けて固定することとした。

s-150111001.jpg

まずは模型を置いてみてだいたいの位置関係を決定してから、マジックで印を付けるという原始的な方法で位置決めをする。

固定方法は少し悩んだが、細めのニクロム線で単純に裏から結索して止めることにした。

s-150111004.jpg

これで展示会へ出品する際に移動させても動いてしまって破損することも防げるであろう。
やはりケースもサイズに余裕があると綺麗に展示することが出来ると再認識した。先に完成したOW02も同じケースをおごってあげることにしようかと考えている。


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

谷中七福神巡り


三が日が終わったばかりの日曜日、谷中七福神巡りを行った。
毎年いろいろな七福神巡りをしているのだが、今年は江戸時代最古の七福神巡りといわれている谷中七福神巡りにした。
スタート地点の東覚寺にはたくさんの人たちが列を作って、正月限定の七福神巡りの半紙を購入していた。



s-020.jpg

ここにある通称赤紙仁王像という石造金剛力士立像は、全身に赤紙が貼られている。
身体の悪い人が、疾患のある部分に赤い 紙を貼って祈願すれば、病気が回復すると信じられ、現在もなお祈願する人が絶えないとのこと。肝心の仁王像は貼られた赤紙で全く見えない。

s-023.jpg

順不同になってしまうが、7カ所の七福神をまつっている寺院を巡り、順番に色紙に御朱印をもらって回る。
日曜日だけあって、どこも列を作ってお参りしている。

s-024.jpg

s-025.jpg

途中、空腹になったので谷中墓地の近くにある中華料理屋さんに入り、谷中ラーメンを注文。名物のショウガが入った肉味噌を包んだ生春巻きをトッピングしたラーメンを食した。
このすぐ近くにある洋食屋さんにもちょくちょく寄るのだが、ここのショウガがたっぷり入った谷中飯も自身の好物である。

s-026.jpg

谷中七福神のゴールは不忍池にある弁天堂である。
田端駅から歩き、上野で終点になる行程で約3時間ほどである。

s-028.jpg

せっかく不忍池まで歩いたので、その脇にある岩崎家の住居跡にも寄ってみた。
この立派な洋館は三菱の創始者、岩崎弥太郎の息子、3代目社長の久彌の本邸として造てられたという。往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいたらしいが、現在は3分の1の敷地となり、現存するのは 洋館・撞球室・和館の3棟のみ。
木造2階建・地下室付きの洋館は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計で近代日本住宅を代表する西洋木造建築だということである。

s-032.jpg

帰宅後には七福神巡りの色紙を額に納めて、今年の七福神巡りを終了した。
これだけ歩くのは久しぶりなので筋肉痛で大変だった。

s-150111006.jpg


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

初詣と七福神巡り 前編


毎年恒例の氏神様への初詣。夜が明けると前夜の喧噪が嘘のように静かに厳かな雰囲気が漂い始める。



その後、家族でこれも毎年の恒例になっている亀戸天神への初詣。天気が良く、スカイツリーもよく見えている。
近年は娘が某航空会社勤務のCAなので、そのフライト予定に合わせるのが恒例になっているが、今のところ正月三が日中には回ることができている。

s-010_201501060757397c3.jpg

ここはさすがに混雑していてかなりの時間並ぶことになった。

そして次の日はこれも毎年の恒例になっている七福神巡り。神社仏閣巡りが好きな自身ではあるが、これはスタンプラリーのような気持ちで回っている(笑)
その前にやはり近所の王子稲荷参り。ここは東国33国の総社であり、年越しイベントの狐の行列が有名な神社である。

s-019.jpg

img_entry_26.jpg

ohji.jpg

「大晦日の晩に、東国一円の神様の御使い狐が、王子稲荷神社に参拝する。狐たちは、まず装束榎に集合して衣装を整え、王子稲荷神社を目指す」という伝説を、参加者が狐の仮装で再現するもの。全国から何千人もの参加者・見物客が訪れる、ビッグイベントである。

img_entry_01.jpg

歌川広重作『名所江戸百景』より、「王子装束ゑの木 大晦日の狐」
平安時代中頃には、源頼義が奥州追討の祈願に訪れたとか。その際、頼義が「関東稲荷総司」とあがめたことから、広く知られる神社となったとのことである。

s-018.jpg

そして、この社の中にあるのが、狐が住んでいたとされる洞穴の跡。
この穴は、通称“お穴さま”と呼ばれ信仰の対象となっている奥深い穴の入り口に、小さな狐の石像と榊がお供えされていた。
もうひとつ、通称“御石様”と呼ばれる「願掛けの石」が、小さな社に鎮座している。願いごとを念じながら“御石様”を持ち上げ、祈願をするとのことである。

img_entry_14.jpg

長くなってしまったので七福神巡りは次の記事に(笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます

年賀

今年も無事に走れますように。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。