FC2ブログ

2014-11

プロターOW20 カウルステー編


完成間近になってカウルをフィッティング中どうしてもしっくりこない。カウルステーの取り付け部を見ると薄いプラスチックの板が伸びているだけだ。
もっと早く気がついていれば良かったのだが、20年以上前のキットだしプラスチックの質もよろしくないので、あとから破損してしまうよりは今のうちに補強するのがいいと判断し、ステーの作り替えを敢行した。



当初はアルミパイプで左右別々に製作して接着したのだが、それでは同じ事だと気がついて、補強もかねて左右を貫通させて1本で作る事に変更した。
補強とは言え、ここまでフレームが出来上がっているところへ加工するので加工しやすいアルミパイプを何本か組み合わせて作ってみた。

s-IMG_6191.jpg

同じくフロント側のステーも作製、こちらは強度優先で洋白線で作ってみた。
タミヤなど日本の模型メーカー製ではステーの穴などは絶対に貫通などしていないであろう。特にフロント側のカウルステーの穴など、フレームとフロント周りステムも貫通する箇所の複雑な形状の中でカウルステーの貫通した穴があり、このような小加工が多く大変なのだが、プロターはこれ前提で作ることも出来るようにフレームのあちこちに補強用の穴があらかじめ開いていたり考えられてキット化されているということが今回わかった。

今回は同時にカウル側も補強をしないといけないのでアルミパイプを小さく切ってカウルに埋め込む。

s-IMG_6193.jpg

塗装も済ませてしまったあとなので、大変気を遣うのだが、なんとかうまく処理できた。

天国のT・プロヴィーニさんの思惑通りの完成品に少しでも近づいていると良いのだが。。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR