FC2ブログ

2014-10

RC30カウル修理


先日の立ちゴケで傷が付いたカウル左側。FRPファイバーまで削れてしまった箇所もあり、目立つので簡単に修理することにした。幸い、割れてしまうほどでは無かったのでパテ盛りをして表面を平らにならしてから似た色でタッチアップするという方法である。

傷洗浄後

文字の部分も削れてしまっているし、ライン部分は突き抜けてしまっているほど薄くFRPで作られているのだと感心した。
凹みや傷は紫外線硬化樹脂でパテ盛り、天気が良いので一瞬で硬化してしまう。

パテ盛り

ヤスリ前

硬化したら紙やすりを使用して順番に平坦にならしていく。その後、マスキングをしてペイント。

ペイント前マスキング

ペイント後

ペイント後は削れてしまっているステッカーも汚いので剥がして作り直すことにする。
どうせ全塗装するときには使用することだし(笑)

カッティングシート

というわけで、色別にカッティングシートを切り出して・・・・・・・合体。

ステッカー合体

縮小オーリンズ

カウルの左下はサイドスタンドがあるためにカウルも切り出して狭くなっているので、オーリンズのステッカーを貼る場所が狭くなっている。そこでほんの少しだけ縮小したステッカーも作った。

ステッカー仮止め

切り出したステッカー類はマスキングテープで仮止めしながら、位置関係を確認しつつ貼り付ける。

カウルの赤部分の色がうまく出せなかったのでこの部分がちょっと目立ってしまうが、下地が出ているよりはマシということで、とりあえず完成とした。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR