FC2ブログ

2014-07

エアコンプレッサー

壊れてしまったテトラセットコンプレッサー。
安定したエア圧が供給できなくなってしまったので、しかたなく新しいコンプレッサーをポチったのだが、一つ型遅れの物があったので市販価格の半分以下で手に入った。

s-IMG_5439.jpg

塗装に必要な機能はすべて付いている。
おまけに7気圧あるのでバイクや車のエア充填も出来るし騒音も30㏈以下で作動しているかほとんどわからないレベルである。
この前まで使用していたテトラセットコンプレッサーの機能とほとんど変わらないのだが、オートオフスイッチが付いているのが便利だ。

s-IMG_5441.jpg

オイルコンプレッサーなので本体はオイル漬けで、密閉された容器の中にバネでぶら下がるように固定してある。

s-IMG_5440.jpg

このオイルは専用オイルでねいと動作不良の原因となると書いてあるが、恐らく市販のオイルでも問題なく作動するはずである。純正オイルは500ml弱で5000円ほどするので結構高い物だ。

エアブラシを装着するバルブ出口は一つしか無いので、これにジョイントを付けて口径の違うエアブラシをいくつか付けられるように改造する予定だ。

これで当分は塗装やエア充填に活躍してくれるであろう。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ブロークンダウン


10年、7万キロをともにした我が家のSL AMG。
出先でABC警告灯が点灯してしまった。数ヶ月前にも点灯したのでディーラーに修理を依頼して、その時はリアショックからのオイル漏れを確認したので配管と左右リアショックを交換したのだが。。。

ABC警告灯

ベンツのパーツ管理がすごいのかAMGのパーツ管理がすごいのか、10年たってもほぼ同時に壊れてしまうようにコントロールされていることに感心した(笑)
そういえば同じ年式の新車で購入したE55 AMGも4年目だったが7万キロを超えたところで同じ状況で足回りの一新をした覚えがある。
当然、基本的なシャシーやエンジン自体には7万キロ程度では全く問題は出ていないし、今でも胸のすくような加速は健在である。同時期に複数所有していた何台かのフェラーリと比べても全然速いし楽だ。残念ながら燃料も加速したかのように減っていくのだが。。。。

警告灯が点いた当初は、車高を維持するためにポンプがエマージェンシーで働きいつもより高い位置で維持するようになっているそうで、何となく車高が高くてかっこ悪い。
このトラブルは出始める数ヶ月前から何となく車高が高いんじゃないか?とディーラーにも問い合わせたのだが、エラーも出ていないから問題ないとの返答が来ていたのだが、この時からポンプはエマージェンシーモードになっていた可能性が高い。
特にフロントが高くて高速を走っているとまるでショックが抜けた車になっているような不快なピッチングが起きていた。

daikokuPA.jpg

なんとか無事にガレージまでたどり着いたのだが、その頃には「シャコウガヒクイ!テイシャ」と何度か出たり消えたりしていたが、帰り着いたときにはフロントが明らかに低い状態でスロープを下りるのも躊躇するほどであった。
こんなに低い状態は初めて見た(笑)

ガレージ

次の日にはディーラーに引き取りに来て貰い、再び工場入りとなってしまった。
前回と今回でアグスタの新車が軽く一台買える請求になることだろう。。。。と、ここでようやくアグスタネタに無理矢理まとめてみた。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

テールランプ修正中とハプニング

マイスト社製のアグスタF4のリアカウル。
削り出したテールライトの跡地には紫外線硬化樹脂を充填する。

樹脂充填

まずは半分ずつ充填して硬化させていく。半分硬化

硬化重合するときにはどうしても硬化収縮があるので、多めに充填して硬化した部分を平らにならす順番で整形していく。
こうして慣らしていったあとからクリアーレッドに塗ると綺麗なテールライトに・・・・なったかな?(笑)

テールライト完成

というところまではかどってきたところで、クリアー塗装をしようとしたところでコンプレッサーの圧力が上がらないのに気がついた。
スイッチを切るとタンクにエアが溜まっているはずなのだが、あっという間にエアが抜けてしまう。どこかでエア漏れしているようである。
517壊れ

石鹸水を付けてどこから漏れているのか確認したのだが、外側では見当たらない。
つまり内部のコンプレッサー本体でのエア漏れである可能性が高くなった。こうなると自分で修理は無理なのでメーカーに連絡を取ろうとググってみたのだが、あいにくかなり前に生産中止となっていて、修理に出したとしても10万円以上の修理費が掛かるとのことであった。
このまま使用しようにも圧力が上がらないので、綺麗に塗料を拡散することが出来ないので塗装できない。

517内部

このコンプレッサーは1994年製なので20年使用したことになる。残念だが今回で廃品回収行きということになってしまいそうだ。ネットで調べてみると同じ様な機能であれば10万円以内で新品購入が出来るので、そうせざるを得ない。
いくつかの候補を選び出してみたので、その中から選ぶことにする。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

8耐時の直筆サイン

週末に鈴鹿8耐が開催される。今回はそれにちなんでのミニネタである。

前オーナーが所有していたRC30のトップブリッジ。
1999年にスペンサーが8耐に出場するために鈴鹿サーキットに来ていた時にドライバーズサロンでいただいた物とのこと。あいにく予選転倒で怪我をしてしまい決勝走行はならなかったのだが。

現物は好き者の喫茶店に展示していたのだが、それを取ってきてもらった。
当然RC30に付けるためにである。

スペンサーサイン入りトップブリッジ

実用に当たって傷が付いたり掠れたりしないように表面にウレタンクリアー塗装を施した。それでもクリアー塗装が剥がれたり傷つくこともあるので、その上からクリアーデカールを貼ることにした。

トップブリッジ採寸

まずはトップブリッジ自体を実物大で採寸する。
それからスキャナーにてこれをスキャンした後にプロッターマシンのソフトで読み込み、インターナルオフセットを掛けて1.5mmほど内側に、細くて剥がれやすいと考えられる箇所はカットした図形をプロッターマシンにてカット。

クリアーデカールきりだし

少し見にくいが切り出した物が完成。
これを綺麗に貼れば2重に保護した状態のトップブリッジが完成する。
これを実車に換装しようと思ったが、ガレージで作業する必要があるので、今回はここまで。

クリアー保護完成

この上から薄いクリアーデカールでもう一段保護しようかな(笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

シューベルト塗装


ステッカーチューンのみだったシューベルトSR1テクノロジーヘルメットも暇に任せて塗装することにした。

シューベルトマスキング

まずはいつものようにマスキングテープでラインを引く。SR1テクノロジーヘルメットは下半分には標準状態でラインなどたくさん入っているので、なるべくそれを生かすようなラインで考えた。

このヘルメットは完全に街乗り用なのでアグスタF4とホンダRC30の両方で使えるように阿修羅カラーにすることにしている。

シュー右サイド

シュー左サイド

頭頂部はいつものように蛍光オレンジの丸に黒のグラデーションで塗装。サイドは左右で決めたイメージで塗っていく。そしてこれもいつものように境目にはゴールドのラインテープを貼り、継ぎ目を誤魔化す。

シュー完成上

頭頂部の星はいつもよりちょっと大きめで付けた。
そして仕上げのクリアー塗装はWINSの半つや消し、アライのつやありと続いたので、つや消しにしてみた。
WINSは大阪に置きっぱなのでアライと二つで記念写真。

アライシュー

左側はホンダサイド。
シュー完成左

そして右側はアグスタサイドとなっている。
シュー完成右

こうして手持ちのレプリカカラー以外のヘルメットは3個ともオリジナル塗装を施す事になってしまった。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

MVアグスタF4の模型 その8

暇な時間を見つけては少しずつ進めているアグスタF4の改造。

現在アグスタF4は手元に無いので置いてある大阪のディーラーにお願いして、リア周り各部の画像を送っていただいたところ、うろ覚えで適当に作ったオーリンズリアショックの形状が全く違うことが判明したのでもう一度作り直し。

オーリンズ改

リアショック

こうして画像にしてみると、アラが見えてくる。ステップも作り直しだな、これは。。。

一方、ようやくエキパイも終わりが見えてきた。パイプとサイレンサーのツナギにバネを付けて焼き色を付けて・・・・フレームに試適してみる。

エキパイ

試適して位置決めをしてエキパイとサイレンサーを固定する。フレームに取り付けはウインカー兼ナンバーステーと共締めなので一緒にくみ上げる。

エキパイ2

固定してからもう一度、リアからの画像も撮ってよく観察してみる。
排気口がいまいち綺麗に揃っていないので調整する必要があるようだ。

テールランプ

えーと・・・見なかったことにしようかと思っていたのだが、テールランプ、残念すぎる。。。
カウルに溝が掘ってあって、そこにメタルテープを貼った上からクリアーレッドを塗っただけなのが、全然ダメ。もう少し質感アップさせないと・・・というわけで始めちゃいました。

リアランプ改造はじめ

もう後戻りできない・・・こうして完成がまた遠のいていく。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

RC30単独ミニツー

予報では最初雨だったので模型製作を続けようと何の予定も立てていなかったのだが、望外に晴れてきたので急遽単独ミニツーを敢行した。

出撃前

相棒はもちろんRC30。筑波まで走りに行って以来エンジンすらかけていなかったので一抹の不安がよぎりながら準備をしたが、杞憂におわりあっけなくエンジン始動。
気温もほどよい涼しさなので水温も気にしないで走れそうだ。
目的地は決めないで、とりあえず高速へ向かう。まずはガソリンスタンドによって満タンにしてから高速に乗り、中央高速下り線へ進路を向けた。
渋滞もなく八王子インターまで駆け抜けて、料金所を過ぎて道志峠へ向かおうかと考えていたのだが、思いついて先日開通したばかりの圏央道へ進路を向けた。

圏央道厚木

圏央道の厚木PAは小さなPAだが入り口渋滞が始まっていて4輪車は列をなしていたが、2輪は関係なく奥へ進む(笑)
ここで小休止をしたのだが、施設の前をハーレー軍団が埋め尽くしていて気の弱い自身は端っこの方へ止めさせていただいた。

一息ついた後、そのまま東名高速へ上り線へ向かいぐるっと1周して帰宅した。
今日は天気が良かったのでたくさんのバイクと併走したり抜かれたりしながらまったり走っていると風が良い気持ちである。分かれ道ではお互い話しもしない顔見知りでも無い相手と手で挨拶をしながら分かれたり。
現役時代はバリバリのレースレプリカでも、今ではもうおじいさんバイクなので加速も巡航もそれなりではある。比べても675ccのアグスタF3の方がよほどパンチがあるが、コンパクトな車体も相まって非常に扱いやすいし、乗車姿勢も楽である(笑)

帰宅後ヘルメット

今回のミニツーのお供にはアライカーボンを使用した。イタリアントリコカラーでアグスタマークまで貼ってあるが、公道ではどの様な感じか確かめたくてあえて使用した。
スピーカーの仕込むのにどうやってもフィットしなくて、被った瞬間から頭に当たって痛みが出るので何度も付け直したがどうしてもうまくいかなかった。
そこでコードだけ仕込んでおいてスピーカー部は被ってから隙間に入れる作戦に変更した。
こうすれば何とか自分の好きな位置へ動かせるので、これからはこうやることにしよう。すべてアタマの大きな自分が悪いのであるが、シューベルトSR1テクノロジーヘルメットでは先に仕込んでいても全く当たらない。
欧米人の方が長頭型なはずなのだが不思議だ。
それにしてもアライはサーキットなどの短時間だと問題ないのだが、長時間被っているとこめかみの上辺りが痛くなってくる。まだフィットしてないと言うことなのだろうか。。。

30タイヤ

さて、走行後のタイヤ。
交換してから高速ばかりでワインディングを走っていないのがバレバレな状態である。人に見られたらちょっと恥ずかしい(笑)

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

MVアグスタF4の模型 その7

マイスト改造F4RR模型、いよいよ小物の製作に、まずはチタンエキゾーストパイプの製作から。
かなり古いハンダ線だが適当な太さのモノが最近ないので、アメリカ、ダッチボーイ社の3.3mmのハンダ線を使うことにした。あまりにも古すぎて表面は腐食しているが、オーディオ器機に使用するだけあって質はすごく良い物なので紙やすりで一皮むくだけで綺麗な表面が現れた。



エキゾーストパイプの集合部はプラパイプを組み合わせて作る。これに上記のハンダ線を差し込んで組み合わせるのだが、このハンダ線はかなり硬く容易には曲がらない。そのため、当て棒を使用してフレームに合わせながら曲げていく。

s-IMG_5278.jpg

s-IMG_5280.jpg

気に入った形状が出来るまで何本か作ってみたが、これをサイレンサー部とフロントパイプと合わせることを思うと気が重かったりする(笑)

バイクも乗れない梅雨の季節、雨続きなので少しずつ進めていこう。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR