FC2ブログ

2019-11

スピリッツHONDA201C リアセクション


実は今日の朝イチの便で上海入りする予定であった。
しかも今回はフライトが満席だったようで自動的にビジネスクラスへアップグレードされていたのだが、大型台風のおかげで予定が狂ってしまった。
フライトがキャンセルされてしまい、翌日の朝8時に臨時便を飛ばすので、それに振り分けたとのこと。おそらくアップグレードはなかったことになっているだろう・・・(笑)



朝イチの天気画像では台風は上陸寸前である。ところが東京ではかなりの暑さである。
一日滞在が延びたのだが、バイクも手元になく、何をすることもなく模型の続きを進めている(笑)

s-150711007.jpg

プラグコードを以前ニクロム線で作っていたのだが、どうにも立体感がなかったために作り直すことにした。0.8mmパイプを差し込み、これに細いリード線を繋げることにしてみた。
これに合わせてターボユニットのダルな形状も気になり少しディティールアップすることにしてみた。

s-150711004.jpg

置き換えるパーツをまずは作り、大きさを合わせて置き換える。

s-150711010.jpg

オイルクーラー、オイルタンクも新造して配線を加えると、それをギアボックスの上に載せてみる。
ターボユニットは左バンクだけを先に作ってみてノーマルの右バンクとのバランスを比べる。

s-150711011.jpg

ターボユニットからの配線はエンジンをシャシーに載せてから追加をすることにした。
これから右バンクのターボユニットも同じ様に別パーツに置き換えてからこちらにも配線を追加していくことになる。

s-150711002.jpg

今回の帰国ではここまで。
次回の帰国時にはコクピット内のディティールアップを進めることになる。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



スピリッツHONDA201C ギアボックス + RC30ドナドナ?


続いてギアボックスの修正を行う。
これもショックは別パーツにするために真鍮パイプの組み合わせで筒を作り、リアアッパーアームの付け根にセット。

ドライブシャフトはこれも真鍮パイプで基部を作り、洋白線でドライブシャフトを作るとシャープに見えてくる。



s-150706004.jpg

ひととり組んでみたところでオイルクーラーとオイルタンクを作り込み、配管も追加する。
配管は糸ハンダと特製の細いリード線、イヤホンのリード線をほぐした極細のリード線などを使用する。

ここまで組んだところで、先月ステップが折れてしまい自走が困難になったRC30を修理のついでに車検も取るために陸送の手配した。幸い保険に入っているので、その保険で陸送費用が出るとのことでお願いした。

s-150706005.jpg

あいにくの雨模様だったのだが、屋根付きのトラックで引き取りに来てくれていたので助かった。引き取ってくれた業者のドライバーがNC30に乗っているとのことで、ひとしきりオタク話に花が咲いたあとトラックに乗せて引き取られていった。

s-150706006.jpg

次回8月の帰国時には車検整備も終了しているので静岡まで引き取りに行く予定である。


にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スピリッツHONDA201C足回り続き


自作したステアリングロッドの調整を行っていたら、どうしても気になるフロントショックとアッパーアームの接続部。



シャープに見せようとキサゲで彫ってみたのだが、うまくいかなかったのでいっそのこと切ってしまい別パーツで再現してみた。

s-150705021.jpg

これも数本の真鍮パイプと洋白線を組み合わせてショックっぽく見えるように作ってみた。
フロント周りはこれでひとまず完成。続いてリア周りだ。

s-150705028.jpg

まずはキットのパーツを修正して納めてみる。この時に足りないパーツは作ってみるのだが、あくまでも全体の雰囲気を確かめるだけにとどめる。
この時代のF1はメカ部分がむき出しなので表現に幅があるのだが、配管や配線をやたら這わせてもごちゃごちゃしてしまうだけでリアルさに欠けてしまうので、必要なものだけに留める事が重要になってくる。
例えば、4本の配線があるとする。それを狭い空間に4本這わせるとごちゃごちゃしてしまうので太い配線を1本と細い配線を2本というような減らし方をして立体感を出すなどの引き算も必要になる。

s-150705027.jpg

ざっくりと仮組みした状態で全体のバランスを確認しながらエンジン部分の表現を考えていくのである。フロント部分のかっちりした造形とリアのエンジン部分のメカメカしさのアンバランスがうまく表現できれば最高なのだが。

s-150705023.jpg

メタルキットの魅力はこのサイズの中にぎっしりと凝縮されたメカメカしさと実際の重量感。これがたまらないのである。

というか、最近はまったくイタリアンバイクの話題がなくなってしまっている(笑)
仕事の都合でバイクレースに出場が適わなくなってしまった上に所有していた2台のアグスタも手放してしまったので手元にイタリアンバイクが1台もないという状態である。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スピリッツHONDA201C足回り


一筋縄ではいかない1/43メタルキット、いよいよ本格的な足回りの細工に入る。足回りとはリンク類を含めたアーム類の加工、自作と車高決めである。



さすがに1/43ではリンクを新造するのは不可能な大きさなので、キットをなるべく生かす方向でシャープに表現するように素材を置き換えていく。
リアブレーキ冷却ダクトは空気導入口の穴を深くしつつシャープに彫り込んでアップライトと瞬着で仮止め。ドライブシャフトもキットよりも少し細めにした関係上ギアボックスとアップライトの取り付け部は真鍮パイプをかぶせて一回り太くして表情に変化をつける。

s-150704010.jpg

フロント側はアップライトから出ているアクスルシャフトを切り取り、真鍮パイプに置き換えることで中空のアクスルシャフトを表現する。ホイールをつけてみると精密感が増すことがわかり、自己満足の世界である。
どちらも画像下がキット標準の状態である。

s-150704011.jpg

トーインを決めるためには左右のステアリングシャフトも製作することとした。
キットでは一体成形のステアリングシャフトを切り取り、0.5mmの洋白線で製作したステアリングロッドで左右のアップライトを繋ぎ、微調整しながら角度を決めていく。
この時、同時にアームの取り付け部も微調整してキャンバーも一番格好良くなる角度を模索する。そして車高はプラ板で地面にタイヤが設置するかしないか程度の厚みに調整しながらシャシー下へビス留めする。

s-150704016.jpg

この作業を繰り返しながら4輪すべてがきちんと設置しているように見えるまで調整していく。

s-150704005.jpg

この時はウイングもだいたいの位置を決めるので洋白線で固定位置に穴を開けて調整する。
4輪が綺麗に設置して車高も高すぎないように慎重にスペーサーとアーム類を調整し、カウルも浮いていないかの確認もしていく。

s-150704017.jpg

塗装をするとその塗装の厚み分浮いてしまうので、わずかに隙間を作っておく必要がある。

にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スピリッツHONDA201Cモノコック


本当だったら今頃は伊豆スカイラインで走り回っている予定だったのだが、雨70%予報だったので中止。自宅で悶々とステッカー作りに勤しんでいる。
先日作ったF4RCステッカーも別バージョンを作ってみた。基本、オリジナルを周到した色違いなので簡単にできる。



さて、お次はサイドポンツーンにミドルウイングを取り付ける。
メタルキットはハンダで付ける事が可能であり、乾燥などの必要も無くすぐに削ることが出来るので割と便利である。しかし本体のホワイトメタルはハンダよりも融点が低いので、ちょっと油断すると本体ごと溶けてしまう。それさえ気をつければ、頑丈に付けられる。
一変に付けようとしないでまずは点で仮止めを行う。きちんと固定したらハンダを多めに本体に乗せるように溶着させるのがコツと言えば唯一のコツである。

s-003_201505040955442e7.jpg

その後は裏と表の両側にハンダを盛って金ヤスリで整形。

s-004_201505040955464b6.jpg

スケールが小さいのできちんとした面を出すためには各パーツのエッジを立てるように大袈裟にラインをつけて削っていく。同時に形状の修正も行っていく。
この時代のF1はミドルウイングなどが付いていて、模型映えするマシンが多い。一つ一つのパーツをシャープに再現することで見た目綺麗な模型が出来上がる。

s-005_20150504095547705.jpg

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ イタリアンバイクへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

むら

Author:むら
リターンおじさんライダーのつれづれ。海外移住したため、なかなかバイクに乗れない日々が続きます。
これからの残りの人生は才能のある若いレーシングドライバー、ライダーに門戸を開いた活動をしていきたいと考えています。まずは自身が活動してきた4輪レースの世界から開始します。
2019年、2006年モナコGP以来の13年ぶりに4輪レース出場をすることになりました。

所有バイク
MV AGUSTA F4RC/2016
BIMOTA DB4ie(改)

所有車両
SL65AMG /

その昔、若い頃にヨーロッパで走り回っていた時の動画をYoutubeにいくつかアップしてます。

https://www.youtube.com/channel/UCgM-nr2YDuabyIsAszxkozA/videos

もしくは keiichi murakami で検索お願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
装備品 (17)
その他 (10)
サーキット(アグスタF3) (24)
アグスタF4 (54)
RC30 (28)
その他のバイク (1)
4輪ネタ (5)
プラモデル (64)
バイクモデル (2)
プレスリリース (5)
アグスタF3 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR